水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ミルキークオーツ
2007-06-09-Sat  CATEGORY: ミルキークオーツ(乳石英)

ミルキークオーツ


先週末に引き続き、今週末も石、石、石の生活を送っています。

と、いうことでお察しのとおり、今日も昼から天然石ショップを回ってきました(^_^)V。

今回は、3件のお店を訪問し、ミネラルフェア以前から気になっていたラピスラズリやタイガーアイ(キャッツアイ)、ヘマタイトの丸玉を仕入れてきました。

また、先月来からおカネ不足が続いていたために、決済が遅れていたアンバーとカンチェンジュンガ産水晶(予定にはなかったオイルインクオーツも新たにGET!)も本日無事終わり、ようやく、これらの天然石たちを自宅に招き入れることができました。

以前は、集めた石はコレクションとして、飾ったり、たまに手に取って眺めるだけだったのですが、最近になって、積極的に水晶や天然石を活用するようになりました。天然石を活用するといっても、スピリチュアルやヒーリングなど様々なものがあります。これらの活用方法は、次回以降に頁を譲るとして、今回は、「ミルキークオーツ」を紹介して行きます。

ミルキークオーツ(Milky Quartz)は、別名を乳石英といい、水晶全体に乳白色の色を帯びている水晶をいいます。

Milky Quartz1


Milky Quartz2


この石は、慈愛を現す石としても知られており、その効力は、特に粗暴で衝動的な性格を和らげ、改善させるといわれています。

前回のミネラルショーで連を購入し、昨晩、製作したブレスです。特にCrythは大量の連の中から、インクルージョンやクラックなどがあるものを除き、乳白色の濃い透明性を持つ石を選んできました。

今日、久々に訪問したSENA COSにもミルキークォーツがあったのですが、ここにあったものは珍しく乳白色黄色(Light yellow)がかったものがありました。

また、SENA COSでは通常7,000円台で売られてたものが、現時点で50%OFFで売られていました。SENA COSのホームページにも商品が掲載されているのですが、NO.11とのNO.13のミルキークオーツは、いずれもイエローミルキークオーツでありながら色が濃くて透明性のたかいものでした。

今回は、おカネが足りなかったため、購入を断念しましたが、来月はイエローミルキークオーツに挑戦しようかと考えています。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。