水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ボージーストーン
2007-03-27-Tue  CATEGORY: ボージーストーン

ボージーストーン


こんばんは、今日はちょっと深刻な環境問題について話したいと思います。私たち日本人は、環境問題について、よく議論することはあっても、それほど脅威に感じることは、今までなかったように思います。なぜなら、自分達の生活を脅かすまでには至らなかったためです。


しかし世界中には、この環境問題について、早急に取り組まざる得ないような窮地に陥っている地域があるのです。


その一つが、モルディブです。モルディブは、インドの南西に位置する島国で僅か298kmの国土しか持たない国(佐渡島の0.35倍に相当)です。そのほとんどが海抜1mであるため、地球温暖化による海面上昇で、1mの水位上昇で国土の8割が水没するといわれています。現在でも国全体が水没の危機に瀕している状況にあります。

この環境問題は何も、小さな国だけにしか起こらないわけではありません。日本でも馴染みの深いオーストラリアは、現在、稀に見る干ばつに襲われています。水源が底を尽き、水の確保に追われている日々が続いているそうです。

その一方で、未だに成長する経済を背景に二酸化炭素を排出しつづける国、また農場の確保により、樹木を伐採しつづける国などが後を絶ちません。

手遅れになる前に、何とか、地球の環境異常を止めたいものです。

一人ひとりのちょっとした心がけで多くの人々が救われるのであれば、Cryth自身も何かアクションを起こしたいと考えています。


さて、重苦しい話題から入りましたが、今日は、ボージーストーンについて紹介していきます。

ボージーストーンとの出逢いは、今から2年くらい前のことです。たまたまCrythの親友のMr.Kが、アメリカに出張に行った際のお土産として貰ったのがこの石だったのです。

boji stone1


boji stone2


ボージーストーンは、アメリカ・カンザスシティのインディアンの聖地で取れる石です。面白いことに、男性石と女性石があり、表面がゴツゴツとした、ライチのような石が男性石であり、表面が滑らかな方が女性石です。

またこの石は、地中にあるものを発掘することは禁じられており、土地が風化して、表面に出てくるものしか採取できないのです。そのため数も限られており、あまり市場には出回らないそうです。

この石は、陰陽のバランスのとれたエネルギーを持っており、主に欧米のヒーラー達のヒーリングアイテムとして使用されています。ボージーストーンを持つことで、肉体と精神、現実とスピリチュアルなどのバランスをとることができるといわれます。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2007-03-30-Fri 16:19 [EDIT]
素的なサイトでつ
コメントCryth | URL | 2007-03-31-Sat 23:06 [EDIT]

nanashiさん、コメントありがとうございます。

この頃、めっきりアップの頻度が落ちていますv-406が、今後も可能な限り素晴らしい天然石を紹介していきます。nanashiさんもお時間が許すときにでも、覗いてみてください。

それと応援、よろしくお願いします。v-410

トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。