水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アズライト
2007-02-11-Sun  CATEGORY: 水晶たち


アズライト


Guten Abend.Wie geht es Ihnen(こんばんわ、元気ですか)?

久々にBlogを更新しています。久々にBlogを開いてみたら、もう1ヵ月近くも更新してなかったんですね。仕事が忙しかったのもありますが、ちょっと反省してます(:_:)。
みなさんも、自分を忘れない程度で勉強や仕事に頑張ってくださいね。

さて、今回は、アズライトを紹介します。

azurite1


azurite2


アズライトは和名を藍銅鉱(らんどうこう)といいます。この石は名前のごとく藍色(=深い青)をしています。

しかし単に藍色だけではなく、ときに緑色の成分を含有することもあります。この緑色の正体は、マラカイト(孔雀石)です。

アズライトは、銅床に形成される鉱物であるため、その成分には銅が含まれています。また銅床内ではアズライトのほかに、マラカイト(孔雀石)が多く存在するため、アズライトとマラカイトが一緒になって生成することがあるのです。

このようなアズライトとマラカイトが共生する鉱物をアズロマラカイトとも呼ぶのです。


またアズライトは、ストレスを緩和するとともに、精神力を高める作用があるとされています。また直感を鋭敏にし、人間が持つ本来の動物的判断を高めることができるとも言われます。

また第5チャクラ(ヴィシュッダ・チャクラ)に作用する鉱物でもあるため、額や眉間部分にヒーリングする際にも使用されています。


その一方で、硬度が3.5と、水晶と比べて脆いため、取扱いは十分注意しなければなりません。

最近、Crythも疲れ気味ですので、アズライトで癒してもらっています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。