水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アクチノライトクオーツ
2006-11-28-Tue  CATEGORY: 水晶たち
アクチノライトクオーツ


日曜日から月曜日にかけて、一睡もしていなかったため、今晩は早く寝るぞと意気込んで布団に入った。しかし直ぐには寝れず、結局、また深夜を迎えてしまった

今は、何だか、雲の上にいるような不思議な感じです


さて、今回は、そんなフワリ感溢れる水晶を紹介します。

それがこのアクチノライトクオーツです。

アクチノライト?


ルチル?



とは、言ってみたものの、正直、自信がない。これが本当にアクチノライトクオーツなのか、はたまたルチルクオーツなのかが分からない

通常、アクチノライトや太陽ルチルを除くルチルクオーツは、インクルージョンしていることが多いと感じます。今までCrythが見た中では、ゴールドルチルしか外部に出ているものは見たことがありません。

しかし、この水晶に限っては、母岩にむき出しの状態なのです。しかも二酸化ケイ素が生成していないところに張り付いているのです。

産地はガネーシュヒマールってことでしたが、ヒマラヤ水晶はルチルクオーツは、ほとんど産出されないということもあり、自分でも未だに結論が出せずにいます。


それでも、この部分を触ってみると、肌触りがさいこ~なんです

まるでカシミアを撫でているような、気持ちいい感触が指に伝わってくる。この上で寝てみたい!どんなに気持ちいいんだろうと考えてしまう。

と、まぁ今日は、支離滅裂なことを書きましたが、不眠ということでお許しください

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。