水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アクチノライトインクオーツ
2006-11-04-Sat  CATEGORY: 水晶たち

アクチノライトインクオーツ


こんばんわ、3連休の中日にblogを更新中のCrythです。

今夜、世界バレー女子の3回戦「日本vs韓国」戦をテレビで見ていました。宿敵、韓国を3対1で降し、準決勝進出を決めました

最近の日本女子選抜は昔と違い、ミスがとても少なくなったように思います。また1セット落としてもその後の切り替えが早く、後に引きずらないことも強さのポイントではないでしょうか?勝負の采配を決するのは、これらの要素と信念の強さだと思います。是非、次のポーランド戦も勝利し、準決勝でも勝ち続けて欲しいものです。『ガンバレ、ニッポン!』


さて、今日は、アクチノライトインクオーツについて紹介します。
アクチノライトインクオーツは、水晶のなかに針状の緑閃石がインクルージョンしたものをいいます。マグネシウムの一部が鉄に置き換わることで、その鉄分の割合に応じて暗い緑色を帯びています。

前回は、このアクチノライトインクオーツをグリーンルチル(二酸化チタン)と間違って紹介しましたので、訂正します。よく調べていくうちにグリーンルチルではないことが判明しました。グリーンルチルとアクチノライトとはその光沢で判断すればいいのではないかと思います。

すなわちグリーンルチルは、チタン独特の輝きを持つのに加えて、アクチノライトは、鉄(Fe)のような光沢がない状態になります。

同じ針状のものが入っていても、ルチルとアクチノライトとは全然別物なのです。

またヒマラヤ産の水晶はほとんどルチルが採掘されません。ルチルのようなものがインクルージョンされていたのであれば、それは、アクチノライトか、もしくはドラバイト(茶トルマリン)の可能性が高いのです。Crythと同じような間違いをしないように気をつけてくださいね。

この水晶は、某国を経由して日本にやってきました。
突然ですが、みなさんはクオリティーの高い水晶がどの国で売られているのかをご存知ですか?その答えが、ドイツなのです。ドイツ人は、部屋の中に水晶を飾るわけですが、水晶をひとつのオブジェとして見ているため、金額を厭わずに水晶を購入することが多いらしいのです。

一方で、日本人といえば、ある程度のクオリティを持つ水晶を安く買いたいという傾向が強いため、そこそこのクオリティのものを安く売るという慣習が仲介業者にあると聞きました。そのため水晶の仲介業者は、先ずお金になるドイツを優先して、クオリティの高い水晶を販売するらしいのです。

今回、Crythが入手したガネーシュ産アクチノライトインクオーツはヒマラヤからドイツを経由して、日本に入ってきたもので、透明度が高く、クオリティが抜群のものです。どれだけの距離を旅してきたのでしょうか、最終的にはCrythのもとにやってきました


クローライトルチルインクオーツ2


クローライトルチルインクオーツ1



このアクチノライトインクオーツは、母岩から1本だけ突き出したポイントがあり、水晶の成長過程が分かる、極めて貴重なコレクションです。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2006-11-09-Thu 15:59 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
cryth/cryth
トラックバックなるほどキーワード 2006-11-26-Sun 23:43
crythについて悩みを解決するには、まずはcrythについての正しい知識が必要です。そこで、crythについての情報を集めました! crythについて調べて、crythに関する悩みを解決しちゃいましょう! cryth に関するご意見 コメントはありません。 コメント/cryth ..  [続きを読む]
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。