水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
チベット水晶
2006-10-25-Wed  CATEGORY: 水晶たち

チベット水晶

こんばんわ、サイト運営者のCrythです。

今日は、チベット水晶について紹介していきます。

チベット水晶は、あまり聞きなれない水晶ではありますが、ヒマラヤ山脈のなかでもチベット地方で採掘された水晶をいいます。ヒマラヤは山脈つづきであるため、具体的な産地は分かりませんが・・・。とにもかくにもチベット地方に近いヒマラヤで採掘されたということは紛れもない事実です。

ヒマラヤはご存知のとおり、世界有数のパワースポットであり、ここで採れた水晶はすべて、高い波動を持つといわれています。

チベット水晶1


チベット水晶2


そのなかでも、Crythのコレクションは、チベット僧侶が収集したものなのです。それだけで普通の水晶よりも、より神秘性を感じさせてくれますね

僧侶たちは自分の心身を鍛えるため、より厳しい環境下での修行を怠りません。これを行うことで、自然に対しての感謝と帰依が備わるからです。また僧侶たちにより収集される水晶のほとんどが、僧侶たちの波動に合ったものです。

僧侶たちが、水晶を収集する際には、自然への敬意からか、自ら掘削機を用いたりはしません。採掘業者が入った場所に、自己の修行を兼ねて行き、地に落ちた水晶のみを収集するのです。

採掘業者が採掘した水晶であれば、綺麗なのは当たり前ですが、僧侶が集めてくるのも不思議なくらい透明性があります。また自己補修(セルフフィールド)している水晶も多いと聞きます。一言でいうと、『生』を感じさせる水晶が多いかもしれません。

これは悟りを開いた僧侶だからこそ、その真の美しさを心身で感じ取ることができるのかもしれません。

このように考えると水晶は神聖なものとして、宗教にも通ずるかもしれません。いつまでも信じ続ける心を持ち続けたいものです。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。