水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ベータクオーツ
2006-10-05-Thu  CATEGORY: 水晶たち
ベータクオーツ


こんばんわ、Crythです。

今日、日本対ガーナのサッカーが横浜で行われました。
結果は、1対0で日本が負けましたが、日本代表は、なかなか攻撃的なサッカーを見せてくれました。前回のワールドカップよりも選手の動きがよかったように思います。

また言わずと知れた日本代表監督のオシム氏も試合後の記者会見で、選手たちの労をねぎらう言葉を発していました。最近のマスコミ報道とのギャップにちょっとびっくりしましたが・・・。オシム監督は鬼監督で知られますが、なかなか度量のある監督のように感じました。

記者会見を見ていて気がついたのですが、仕事上でもプライベートでも、指導者は、叱るときには叱る、褒めるときには心から褒めることが必要ではないかと思います。

ただ、「出来ない」ことに対して、闇雲に叱っても、仕方がなく、本当に選手や部下たちの成長を願うのであれば、指導する側が指導される側に愛情を持って接しなければならないだと感じました。

Crythも、早速、明日から実践です


さて今日からは、Crythがインターネット販売を通じて入手した水晶を4回シリーズとして紹介していきます。


第1回目の今夜は、ロシア産ベータクオーツです。

ベータクオーツは柱面がなく、トップが六角形をした水晶をいいます。
下図を見れば分かるとは思いますが、六角形のファセットの両端が真ん中を境として、くっついているように見えませんか?これがベータクオーツの特徴です。

ベータクオーツ1


ベータクオーツ2


なぜ、水晶なのに柱面がないのでしょう?これは水晶の生成過程の温度に因ります。通常、柱面をもつ水晶は、水晶の成分であるSIO2が、573℃以下で結晶化されますが、ベータクオーツは573℃~870℃の高温領域で結晶化されます。この水晶の特徴を持つものはロシアのダルネゴルスク地方で産出されたもの以外はほとんど見られません。現在では、この地方の水晶は採掘が進んだため、水晶自体が、激減しているそうです。

またベータクオーツのかたちをよく見てください。何かに似てないですか?ヒントは、お金の計算に関係するものです。

そうです、そろばんのコマですよね。水晶がそろばんの形をしているため、和名をそろばん水晶とも呼んでいます。思うに、このベータクオーツはお金に深い関わりのある水晶と感じます。今後、Crythが宝くじにでも当たれば、積極的に金銭効果を訴えていきたいと思います。楽しみにしていてください。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。