水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ


今日は、朝から『東京国際ミネラルフェア』に行ってきました。

毎年、思うのですが、年々、来場者が多くなっているような気がします。

各業者さんのブースの前に人が集まり、人垣の間から覗き込んでいると、通りの人に押されどんどん進んでいってしまう。

しかし、そんな状況でも、GETしたものが2つあります。

その1つが、インディゴライト・クオーツです。


Indigolite3



Indigolite4



今回の仕入れ品は、シトリンにインディゴライトが包含されています。

インディゴライトは以前このblogでも紹介しましたが、覚えてますか?

Indigolite5


インディゴライトとは、ブルートルマリン(青いトルマリン)です。

青い針状のトルマリンが水晶のなかにインクルージョンされているのです。

その石は、天空を思わせる澄んだ青色をしています。

トルマリンは別名、電気石と呼ばれるように微弱な電気を帯びています。

この電気的特性が人間のストレスや身体的な疲労を癒します。

インディゴライトクオーツの主な産地は、ブラジルのミナスジェライス(Minas Gerais)州です。

本日の戦利品は、アラソワイ(Aracuai)で採掘されたものです。 

業者の方いわく、すでにインディゴライトが採取される鉱山が閉鎖されているそうです。

ますます、希少性が高く、価格も高騰するとのことでした。

今日は、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、購入してきました。

頼むぞ、インディゴライト!

君のパワーで癒してくれぇ~



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。