水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

レムリアンシードクリスタル



最近、寒い日が続いていますね。

東京でも、いよいよ今夜から明日の日中にかけて、平野部でも雪になる予報が出ています。

朝起きたら、辺り一面、雪景色っていうのも、いいものですよね。

今から、楽しみです(^_^)。


さて、今回は、レムリアンシードクリスタルを紹介します。

先ほど、Blogをチェックしたところ、2006年9月にレムリアンシードという題目で紹介していました。

すでにお忘れの方も、多いと思いますので、もう一度、詳しく取り上げてみることにしました。

レムリアンシードとは、「レムリアン(レムリアの・・・)」と「シード(情報、種子)」とが一つになった言葉です。

レムリアとは、今から2億年前に、アフリカのマダガスカルからインド、スマトラ一体に存在したといわれる「失われた大陸」を指しています。

そこに住むレムリア人は、我々、現代人よりもはるかに高度な文明を築いていたと考えられています。

そのレムリア人が、我々に対して、何らかの情報を伝えるべく、水晶に情報を書き込んだ(今でいうと、DVD-Rに記録したみたいなものでしょうか?)といわれるのが、このレムリアンシードクリスタルです。

ポイントの表面にはレムリアンリッジと呼ばれる、バーコード模様が刻まれています。

またレムリアンリッジは、隣り合う柱面にはなく、1面おきに存在しています。

Cryコレは、ツインの水晶ですが、いずれもレムリアンリッジが刻み込まれています。

Lemurian Seed Crystal 1


Lemurian Seed Crystal2


レムリアンシードクリスタルの産地は、ブラジル ミナスジェライス州セーラ・デ・カブラルです。

これと同じ水晶はロシアでも産出されますが、この場合、ロシアレムリアンとして、区別しています。

レムリア人が私達に何のメッセージを伝えようとしているのかは分かりませんが、環境や社会情勢の悪化などを考えると何となく、人間に対する戒めかもしれませんね。




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。