水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アイスクリスタル
2007-07-29-Sun  CATEGORY: ヒマラヤ水晶

アイスクリスタル



今日、我が家に来たアイスクリスタルです。


ice crystal 1


ice crystal 2



ちなみにファセットには...、判りますよね

あのトライゴーニックです。

ちなみにこのアイスクリスタルも、前回に紹介した水晶と同じクル渓谷産です。

今日、夕方に伺ったショップの店員さんとトライゴーニックのことで話していたのですが、それがまさかって感じです。

水晶を収集する上で、パワーの強い弱いを判断するのも面白いのですが、ちょっとした特徴を見つけるのも楽しいものです。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
クル産ヒマラヤクオーツ
2007-07-29-Sun  CATEGORY: ヒマラヤ水晶

クル産ヒマラヤクオーツ


今日は天気予報どおり、午後から雷雨になりました。特に午後に入って雷がひどくなり、急遽予定を切り上げて帰ってきた。

外出先でとても珍しいものがあったので、撮ってきました。

haibiscas2


haibiscas1


普段、南国で咲くはずのハイビスカスが都内でも見られるのは、不思議です。これも温暖化の影響ですかね。


さて、今日はクル産のヒマラヤクオーツです。

curu1


クルとはインドのニューデリーから北へ500kmほどのところにある渓谷です。そこで採掘される水晶は淡いピンク色や黄色をしているのが特徴で、なかには緑泥を含んだものも採掘されています。

クル渓谷産ヒマラヤ水晶は、その優しい外見とは異なり、かなりの強い波動を持っています。というのも、クル渓谷は世界の中でも有数のエネルギースポットだからです。

この水晶を持てば、自分の波動を高めることができますが、敏感な体質の方には注意が必要です。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイガーアイ
2007-07-21-Sat  CATEGORY: タイガーアイ(虎眼石)

タイガーアイ


今日、近くの小学校に夏祭りへ行ってきた。

毎年、この時期に思うんだけど、東京の夏祭りは開催時期が早いんじゃないかなぁ?。Crythの田舎では、毎年8月中旬ごろに夏祭りが開催されているんだ、なかには徹夜踊りをしている地域もある。

natsumatsuri1


それはそうと、東京の夏祭りは、単に踊るだけじゃなくて、催し物がド派手!。今回は、やぐら横でプロレスをやっていた。下の写真を見て、気付きませんか?

puroresu


一時期、世の男達を席捲した「ダンプ松本」←(極悪同盟ってグループだった)。今日は、タッグマッチで試合に臨んでいました。「ダンプ松本」と組んだのは「さそり」とかいう選手だった(よく分かりませんが…)。

それにしても、よく撮れているなぁ、極悪ぶりがよく出てるんじゃない!?(←自画自賛)。

上京して6年になるが、毎年、東京の夏祭りには驚かされているCrythでした。


さて、今回はタイガーアイと呼ばれる虎眼石を紹介します。

タイガーアイは、虎のような鋭い黄金の輝きを持つ石で、褐色のクロシドライトと石英とが結晶化したもの。

tiger eyes1


tiger eyes2


シャットヤンシーと呼ばれる金筋は見る者を威圧し、ある種の恐怖感さえ抱かせる。

しかし、その一方で、持つ者の気品を高め、与えるものには平等に分け与えるなどの人々の帰属意識を高める作用があるといわれています。またタイガーアイは金を司る石ともいわれ、ギャンブルなどでも重宝されている石なのです。

持つ者に自信と勇気を与えるパワーストーンの代表的な石です。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
スギライト
2007-07-16-Mon  CATEGORY: スギライト(杉石)

スギライト


今日は、海の日!連休最終日はどのように過ごしていますか?

そんな休日に、またまた大規模な地震が新潟と長野で起きました。亡くなった方も7人もおり、怪我をされた方も800人以上と稀に見る大惨事となってしまいました。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

この頃、大洪水や地震など自然災害が多くなっているように思います。これも自然界からの警告なんでしょうか?

また昨日去った台風も観測史上最大の強さだったそうです。台風が去った後に部屋から撮ったのがこの写真です。

yuuyake1


yuuyake2


これだけ綺麗な自然も一度、牙を向ければ恐ろしい存在です。一人ひとりが環境に対する意識を高めていく必要がありそうです。


さて、今日、Crythは西新宿の「BURGER KING(バーガーキング)」にハンバーガーを食べてに行ってきました。

バーガーキングは、2001年にハンバーガーの低価格化によって、日本国内から撤退したのですが、2007年6月に再度、新宿アイランドタワーに1号店を出店したアメリカのハンバーガー屋です。世界中に店舗を持っており、本国アメリカではマクドナルドと並ぶハンバーガー屋なのです。

バーガーキングのハンバーガーは、ニュージーランド産の肉を直火焼きで作っているそうです。その他の材料のレタスやピクルスは国内産の野菜を使用しています。なかでも、お薦めはワッパーチーズです。チーズと肉がマッチして、しつこくない味に仕上がっています。

価格は、アメリカの2倍くらいですが、大きさはアメリカンサイズですhttp://www.burgerkingjapan.co.jp/

ハンバーガー好きの方には、たまらない逸品ですよ。


さて今回はスギライトの第2弾です。

スギライトは、代表的なヒーリングストーンです。

sugilite3


sugilite4



ヒーリングは、濃い紫色から薄いうぐいす色などがありますが、茶色などもあります。
スギライトを持つ人は、感覚が研ぎ澄まされる一方で、癒しの力も備えるとされています。

しかし、この石の難点は、価格が高いことです。

品質の高いものであれば、数万円から数十万で取引されています。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
キャストライト
2007-07-15-Sun  CATEGORY: キャストライト

キャストライト


連休なか日は、部屋で映画三昧!。

Crythの休日の過ごし方として、DVDを買ってきては、繰り返して観ることが多いのですが、今日も「THE DAVINCI CODE(ダヴィンチ・コード)」を観て楽しんでいました。

ダヴィンチ・コードは、何度も観てますが、全てのストーリーを理解するにはもうしばらくかかりそうです(それだけ内容の濃い映画です)。

今後も暇を見つけて観続けていこうと思います。


さて、今日はこの映画を観ていたら、キャストライトが頭に浮かんだため、blogで紹介しようと思います。しかし、キャストライトは以前にも紹介してましたね(^_^:)。

キャストライトは、別名をクロスストーンといい、鉱物の表面に十字の模様が出ているものです。

chiastolite1


この石は、守護石としての効果があるといわれています。前回も書きましたが、中世のヨーロッパの戦士がお守りとして身に着けていたそうです。ひょっとしたら、ダヴィンチ・コードの中に出てくるテンプル騎士団もキャストライトを携えていたのでしょうか?

現代にある鉱物を見ながら、古代のロマンに想いを馳せる、なんてかっこいいんだろうと自画自賛のCrythでした



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ピンクオパール
2007-07-14-Sat  CATEGORY: オパール

ピンクオパール


夏風邪も治り、やっと復活です
しかし、この連休は、体力を回復させるためにも、家でおとなしくしているつもりです。


また、今年初めての大型の台風が接近しているようです。もうそんな季節なんですね。

都内には明日、7月15日21時ごろに最も接近するとの予報ですので、万全な対応をした方がよさそうです。特に、今回の台風4号(台風名:マンニィ)の中心気圧は960hPaと沖縄近辺を通過したときと比べて、衰えつつあるものの、いまだ半径200kmと広範囲にわたって風速が25m/s以上の暴風域を持っています。

今後、近畿を経て、東海、関東を通過する可能性も高いため、これらの地域の方は、くれぐれも気をつけてください。


さて、今日は、ピンクオパールを紹介します。

pink opal 1


pink opal 2


この石を知ったきっかけは、ある占いサイトでした。そのサイトではインド占星術をもとに運勢を判断するという、珍しいものであったため、試してみました。そして、導き出したCrythのパワーストーンがピンクオパールだったのです(無料サイトですので、興味のある人は、やってみてくださいhttp://www.uranai-gogo.com/mkb/uranai/powerstone/index.jsp)。

ピンクオパール(Pink Opal)は、不透明なピンク色をしているオパールです。オパールと聞いて、多くの人は、七色に発色するものを浮かべると思いますが、オパールには以下のように2つのカテゴリーがあるのです。

ピンクオパールやブルーオパールなどに代表される不透明で発光しないコモンオパール(Common Opal)であり、もう一つが、見る角度によって発光する(遊色効果という)プレシャスオパール(Precious Opal)です。

しかしいずれのオパールも、水を含んだ鉱物であるため、取扱いには慎重にしなくてはなりません。

ピンクオパールは、ヒーリング効果も高いといわれています。

ピンクオパールは、「変化」を意味する石でありながらも、物事を良い方向に変えていく力を持つとされています。そのため人間性を磨き、新たな過程で成長したいと考えている人や、インスピレーションをもとに活動する人にはお勧めです。しかし変化を好まない人や、環境に適応しにくい人には向きません。

ここ数年、ピンクオパールの人気により、品質の高いものは見つけにくくなっています。

ページトップへ  トラックバック9 コメント0
ヘマタイト
2007-07-11-Wed  CATEGORY: ヘマタイト(赤鉄鉱)

ヘマタイト


ここ数日、病みを彷徨っているCrythです

「自分の身体なのに自由が利かない、こんな理不尽なことあるのか」と問いただしたくなりますが、仕方ありません。

「人間は、健康を意識するために病にかかる」、とある一説のセンテンスが脳裏に浮かんできます。

もうしばらく、休養が必要のようです。


今日は、健康運を向上させるといわれるヘマタイトを紹介します。

ヘマタイト


ヘマタイトは、一見すると、金属のような光沢を持つ単なる石にしか過ぎないですが、表面に傷をつけると、中から赤い地肌が現れます。人体のように「血」をもつ石として、健康を掌るといわれる所以です。

またヘマタイトには、守護石としてのパワーも宿るとされています。

鏡張りのような表面は、全てを映し出し、外から入る邪気をすべて跳ね返す力があるといわれるからです。そのため、玄関や寝室などに置くことで、邪気が入らず平穏な日々が送れるとある本には書いてありました。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
トライゴーニック
2007-07-08-Sun  CATEGORY: トライゴーニック

トライゴーニック


連休中に病気を治すと意気込んでいたのですが、結局、風邪も治らないままBlogを更新しています。

そんなCrythでしたが、今朝、鳥のさえずりで起こされました。窓を開けると電線にツバメが1羽留まっていました。今年に孵化したツバメの子供でした。

swallow


たまたまCrythのマンションの横隣りにあるお店の軒下にツバメの巣があり、3~4年前から毎年、この季節になっては、日本に帰ってきていました。今年も子孫を残すために、4月下旬ごろから、姿を見せていました。つい最近まで卵を温めていたかと思いきや、すでに孵っていたんですね。

来年も、また元気な姿を見せてもらいたいものです。


さて、今日は、トライゴーニックの続編です。

トライゴーニック4


トライゴーニックは、神秘的で謎が多い水晶です。というのも、数千年も前から形成されていたにも関わらず、見つけられたのはつい最近のことなのです。ずっと見つけられなかった理由が分かりません。

また、科学的には、水晶が浸食されて▼形が形成されると言われています。

しかし浸食されているのであれば、ファセットだけではなく、トップや柱面などに凸凹が現れるはずですが、それも見当たりません。

また、ファセットにある▼の数や形を見れば見るほど、きれいで、そして精度が高いものが多いのです。

イースター島のモアイ像は誰が作ったのか?、ナスカの地上絵は誰によって書かれたのか?などの疑問と同じく、何故トライゴーニックが出来たのか?、それとも偶然の一致か?今後も深まる謎を解いていきたいと考えています。


ページトップへ  トラックバック1 コメント3
七夕の夕焼け
2007-07-07-Sat  CATEGORY: Crythの独り言


七夕の夕焼け



今日は、2007年7月7日の七夕ですね。

世界的にも777(ラッキーセブン)の日ということで、各地で祝い事が多かったようです。特にアメリカでは、午前7時(7777のぞろ目)から結婚式を挙げるカップルが多いとニュースで報道していました。

残念ながら、都内では、曇り気味で星は見えませんでしたが、みなさんのお住まいではどうでしたか?


さて今週末、Crythは久々の連休でした。

といいながらも、この頃忙しかったせいか、風邪をひいてしまい、部屋で療養していました。

起きては寝て、寝ては起きる1日を過ごしていました(本日、出勤の方すみません)が、夕方に起きた時に撮った夕焼けは、いつもに増して綺麗でした。

tanabata


このような夕焼けはいつまでも見ていたいものだと思いました。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ラピスラズリ
2007-07-05-Thu  CATEGORY: ラピスラズリ(瑠璃石)

ラピスラズリ


時々、あまりに完璧な鉱物を見ていると、怖くなることがあります。

というのも、自然界には「完全なもの」は存在しないと考えているからです。

我々、人間もまた、何億年という長い月日をかけて進化してきた存在であるにも関わらず、まだ「完全なもの」に成り得ていないのです。

その証拠に人間は、宗教こそ違えども、「神」を完璧な存在として想い、祈り、そして崇めています。これは、まさしく人間が「不完全なもの」であり、その対極として「神」=「完全なもの」と見ているためではないでしょうか?


しかし石の中には、完璧に近い姿を見せる石もあります。

それが、今回紹介するラピスラズリです。

Lapis lazuli


ラピスラズリ(Lapis lazuli)は、和名を瑠璃といい、紺青色や天青色といった青や藍色をした鉱物です。その澄み切った色故、昔は顔料や染料として使用されていました。

ラピスラズリは、硫黄や硫酸塩を含んだナトリウムとカルシウム、アルミニウムの珪酸塩が生成されることで成長します。

世界的に最も上質で高貴なものは、アフガニスタンで採掘されており、そのほかでは、チリやカナダ、アメリカなどでも採れます。

また原石を見ると分かりやすいのですが、ラピスラズリの多くは、黄鉄鉱とともに成長するため、少なからずその藍色に黄鉄鉱(パイライト)の金色の物質が混ざっているのです。黄鉄鉱のほかには、方解石(カルサイト)や藍宝石(アウィン)、透輝石(ダイオプサイド)もインクルージョンすることがあります。

これらのインクルージョンされた物質が、まったく見つからない場合には、疑ってかかった方がいいでしょう。というのも、なかにはラピスラズリの染料によって石を染めたもの(ダイド・ラピスラズリ)が売られていることがあるためです。

Crythのブレスレットも一見、藍色一色に見えますが、ルーペなどで拡大すると僅かながらパイライトが入っているのが分かります。まさしく、天然のラピスラズリです。

このような、ほぼ「完璧」な石を見ていると、嬉しいを通り越して、ある種「畏怖」する存在として感じるようになります。いつまでもCrythの手の中で行き続けて欲しいものです。

ページトップへ  トラックバック4 コメント0
アメシスト
2007-07-02-Mon  CATEGORY: アメシスト(紫水晶)

アメシスト


時に人は石を求め、石が人を求めることがあります。

今日は、疲れたぁと思いながら、ふっと手に取る石。これは人が求めている石なのです。

しかし、登校や出勤前にどのブレスをしようか迷っているときに、不意に手に取る石は、石が人を求めていると感じます。

何故でしょうか?それは全てのものには魂が宿るという日本古来からの考え方なのかもしれません。

人間も物もすべてをなえがしろにして生きていくことはできないのでしょう。


最近、Crythが疲れたときには、アメシストを手に取り、リラックスさせてもらっています。

このアメシストは、アルジェリアの砂漠地帯で発掘された珍しいものです。砂漠のど真ん中で何故、アメシストが生育したのかは、分かりません。しかし、この石はものすごい癒しのパワーを持ちます。

アメシストファントムやゲイサイトがあり、上下にトップが存在し、菱形のアメシストが見て取れます。

amesist1


amesist2





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。