水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
水晶の選び方
2006-10-29-Sun  CATEGORY: 水晶たち
水晶の選び方


こんばんわ!今夜も仕事の合間にblogを更新しています。

今日、Crythの携帯電話に友達から電話がかかってきました。久々に聞く友達の声でした。電話内容は、「今、天然石のショップにいて、水晶を買いたいんだけど、選び方がよく分からない」ということだったのです。

今回は、Crythの友達同様、水晶を選ぶには、どうしたらいいのかという疑問に答えて行きたいと思います。

しかしここで紹介する方法は、Crythが水晶との相性を見る上で実践していることであって、これらの方法が、すべての人に合っているかは分かりません。一度、試してみてください。


①天然石の持つパワーを見る。

アメジストやスモーキーなどの色付きの水晶の場合、その色が濃いほど水晶が持つパワーが強いのです。

天然石は、パワーが強ければいいのかというと、そうではありません。なぜなら、自分のエネルギーを超えたパワーを持つ石は、パワーコントロールできなくなり、これによって体調不良などを引き起こすことがあります。そのため、選ぶ際には、

必ず自分と同じレベルのパワーを持つ石

であることが重要です。

Crythの場合、パワーが強すぎる水晶の場合、倦怠感(だるさ)が起こり、酷いときには、その場に居られなくなることもあります。


②天然石とのフィーリングを見る。


自分とのフィーリングが合う石かどうかも、大変重要になってきます。フィーリングが合わなければ、天然石が持つ効果を最大限、引き出せないためです。

Crythは水晶とのフィーリングが合うかどうかを手のひらで図ります。具体的には、5分程度、左の手のひらで水晶を軽く握ります。フィーリングの合う水晶であれば、手の中で鼓動音をかんじるか、もしくは手のひらとともに水晶が暖かくなってくる感じを受けます。

しかし、

熱くなりすぎたり、何も起こらない場合は、水晶とのフィーリングが合っていない

ものなので購入を断念します。


以上の2点は、Crythが、水晶を選ぶときには、毎回欠かさずやっていることです。あとは、価格と形や内包物の種類を見て購入しています。

みなさんも是非、この方法を試してみてください。これを繰り返すことで、手に触れなくても、見ただけで水晶との相性を判断できるようになります。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
チベット水晶
2006-10-25-Wed  CATEGORY: 水晶たち

チベット水晶

こんばんわ、サイト運営者のCrythです。

今日は、チベット水晶について紹介していきます。

チベット水晶は、あまり聞きなれない水晶ではありますが、ヒマラヤ山脈のなかでもチベット地方で採掘された水晶をいいます。ヒマラヤは山脈つづきであるため、具体的な産地は分かりませんが・・・。とにもかくにもチベット地方に近いヒマラヤで採掘されたということは紛れもない事実です。

ヒマラヤはご存知のとおり、世界有数のパワースポットであり、ここで採れた水晶はすべて、高い波動を持つといわれています。

チベット水晶1


チベット水晶2


そのなかでも、Crythのコレクションは、チベット僧侶が収集したものなのです。それだけで普通の水晶よりも、より神秘性を感じさせてくれますね

僧侶たちは自分の心身を鍛えるため、より厳しい環境下での修行を怠りません。これを行うことで、自然に対しての感謝と帰依が備わるからです。また僧侶たちにより収集される水晶のほとんどが、僧侶たちの波動に合ったものです。

僧侶たちが、水晶を収集する際には、自然への敬意からか、自ら掘削機を用いたりはしません。採掘業者が入った場所に、自己の修行を兼ねて行き、地に落ちた水晶のみを収集するのです。

採掘業者が採掘した水晶であれば、綺麗なのは当たり前ですが、僧侶が集めてくるのも不思議なくらい透明性があります。また自己補修(セルフフィールド)している水晶も多いと聞きます。一言でいうと、『生』を感じさせる水晶が多いかもしれません。

これは悟りを開いた僧侶だからこそ、その真の美しさを心身で感じ取ることができるのかもしれません。

このように考えると水晶は神聖なものとして、宗教にも通ずるかもしれません。いつまでも信じ続ける心を持ち続けたいものです。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
聖母マリア
2006-10-23-Mon  CATEGORY: 水晶たち


モーリオン聖母マリア


今日は、Crythコレクションのなかでも、黒水晶(モーリオン)の逸品を紹介します。


この黒水晶は、アメリカで採掘された黒水晶なのですが、Crythには、その姿が、聖母マリアに見えて仕方がありません。

みなさんはこの水晶が、聖母マリアがベールを被って、子供のイエス・キリストを抱く姿にみえませんか?

モーリオン



Crythはクリスチャンではありませんが、本当にびっくりしました。ちなみにCrythの知り合いのなかでは、翡翠の原石のなかにレオナルド・ダ・ヴィンチが浮き上がったものを所有している人もいます。

これらは、偶然発見したものでしょうか、それとも必然でしょうか?その真意は、神のみぞ知るのです

しかし、自然界のものには、人間の魂が宿るという話も聞くため、何か神秘的な感じを受けます。

また天然石は、見方を変えるだけで、違う表情を私たちに見せてくれることもあります。みなさんも、手元にある原石や天然石をもう一度、見つめなおしてください。そこには、不思議な姿が浮かび上がるかもしれませんよ。

天然石を収集する上では、石の姿や模様などに凝って集めるのも面白いかもしれませんね。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ゴールドルチルクオーツ
2006-10-22-Sun  CATEGORY: 水晶たち

ゴールドルチルクオーツ


おはようございます。昨日に引き続き、朝からblogを更新しています。

いよいよ昨晩からプロ野球の日本シリーズが始まりました。中日ドラゴンズファンのCrythも、夕方からTVにかじりついて応援していました

先発エースの川上投手は、立ち上がり、調子が悪く、何度か、ハラハラさせられる場面がありました。初戦だったため、相当のプレッシャーがかかっていたのかもしれません。しかし、3回後半からは、後続を断つピッチングで本来の川上を取り戻し、終盤になるにつれて、すばらしいピッチングを見せてくれました。また井端選手の軽快かつ技ありの守備も見ることができました。

昨日の試合を見ていると、中日ドラゴンズが日本シリーズを制覇できる感じがしてきました。
ガンバレドラゴンズ!!


さて、今日は、ゴールドルチルクオーツの原石を紹介したいと思います。ゴールドルチルクオーツは、丸玉やポイントでポリッシュ加工をしているものは多く見かけますが、原石はほとんど見たことがありません。

Crythのコレクションでは、ルチルの1本1本が重なって、面状のゴールドルチルを構成しています。いわゆる「タイタンルチル」であり、パワーの強さを感じます。

ゴールドルチルⅠ


ゴールドルチルⅡ



また一部、ルチルがポイントを突き抜けており、天然石ならではの生命力を感じます。

Crythのゴールドルチルクオーツは、ブラジルのバイーア州で採掘されたものです。日本国内で販売されているゴールドルチルクオーツは、ブラジル産バイーア州が最も多いのです。

ゴールドルチルクオーツは、金運を上昇させる効果があるとされているため、日本国内では最も人気のある水晶の一つです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
アンナプルナ産クリスタル
2006-10-21-Sat  CATEGORY: 水晶たち
アンナプルナ産クリスタル


今日、朝からblog用の水晶画像を撮っていました。改めて数えてみると、コレクションの水晶は、ざっと150点を超えていました。

数は多いのですが、一つひとつに思入れのある水晶ばかりです。水晶たちを見ていると、購入したときの記憶が蘇ってくるものです。

Crythが最初に水晶と出逢ったのは、今から10年位前のことです。
とある田舎駅のイベント会場で、売っていた中国産のクローライト入りシルバールチルの丸玉と出逢ったのです。最初は何気なく見ていたのですが、そのなかでひと際目に留まる水晶を発見しました。当時のCrythにとって水晶の価値など分かるはずがなく、7千円ほどで販売していたのを5千円まで値切って購入しました。今、考えれば7千円でも購入していましたが・・・(^_^)

結局、これ以来、水晶の魅力にどっぷりと浸かってしまい、今では水晶の虜になっています。

不思議なことに、同僚たちは水晶に関して、あまり興味がないようですが、私の小・中学生の同級生で、現在でも大親友のK氏も水晶の研究を通して、私にアドバイスしてくれています。Crythも、このblogを通して、みなさんに水晶の魅力についてお伝えできれば、嬉しいです。


さて、今日は、アンナプルナ産クリスタルを紹介していきます。

ヒマラヤ山脈にあるアンナプルナ(8,091m)から採掘された水晶です。

アンナプルナⅠ


アンナプルナⅡ


アンナプルナは「豊穣の女神」を意味し、ここで採れた水晶は、淑女のような清楚感を持っています。この水晶は、雪山の厳しさを身に沁みている水晶だからこそ、その優しさを知っているのかもしれません。この水晶であれば、初心者でも、トリップしやすいと思います。

Crythのアンナプルナは、ファセットにトライゴーニックがあります。

トライゴーニックは、以前にも紹介しましたが、「自己のエネルギーを正しい位置に収めるイニシエーションを持つとされており、その深く刻まれた▼印は、身体と意識、そして意識をも超越した天界とを結ぶ架け橋となる」のです。

トライゴーニックは、希少性高く、一般の水晶と比べて1桁ほど高く販売されています。Crythは、今まで、1つのショップでしか、トライゴーニックと謳って販売しているのを見たことがありません。

しかし中には、ショップの店員さんも気づかなくて販売されていることもありますので、是非、探してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ  トラックバック1 コメント1
リチウムクオーツ
2006-10-18-Wed  CATEGORY: 水晶たち
リチウムクオーツ


みなさん、こんばんわ!

今回もやって参りました、『Crythの天然石講座』に、ようこそおいでくださいました。さっそく、水晶の仲間たちの紹介をして行きます。


今日は、リチウムクオーツを取り上げていきます。


リチウムクォーツとは、水晶内部にリチウム(Li)の成分がインクルージョンまたはコーティングされている水晶のことをいいます。そのため、ピンク色を帯びているのが一般的ですが、その色は、ローズクオーツとは異なりセピアピンク色をまとっています。

リチウムクオーツ


リチウムクオーツ2



Crythのコレクションでは、ちょうど内包物のリチウムがファントムを形成しており、若干、セプタークオーツのようにも見えます(芋ようかんと呼んでいる方もいらっしゃいますが・・・)。


リチウムは、そもそも体内ミネラルの1つであり、これが不足すると、精神に異常をきたす恐れがあります。主な症状は、落ち着きがなくなり、多動性になりやすいなどが挙げられます。


この水晶は、波長によって、不足したミネラルを補充する機能があり、緊張の緩和やストレスからの解放といった人間に必要なリラックス効果をもたらしてくれるといわれています。その一方で、強力なヒーリング作用を持っています。

まだまだ流通量は多いほうではありませんが、秘かに注目する水晶の1つです。

ページトップへ  トラックバック1 コメント0
アメジスト・ダブルファントム・ゲーサイト・イン・クオーツ
2006-10-15-Sun  CATEGORY: 水晶たち
アメジスト・ダブルファントム・ゲーサイト・イン・クオーツ


こんばんわ、Crythです。

昨日、野暮用を済ませた後で、久々にクリスタルショップに足を運びました。そのときに入手した大変、珍しい水晶を今回、紹介していきます。

Crythが入手したのは、アメジスト・ダブルファントム・ゲーサイト・インクオーツです。ネーミングがちょっと長いですが・・・

アメジストファントム2


アメジストファントム1



アメジストは一般的によく知られている水晶ですが、アメジストが水晶内部でファントムを形成しているアメジストファントムクオーツは、案外知られていません。Crythが買ったのは、ただのファントムではなく、上部と下部にそれぞれ▲を形成しており、ちょうど、ダイヤモンドに似た形のアメジストが宙に浮いているように見えます。なんとも、不思議じゃ、ありませんか?

また、ゲーサイトが炎を上げてアメジスト守っているような景色も水晶の中に見ることができます。


この水晶は、アルジェリアのサハラ砂漠で採掘されたそうです。砂漠地帯でも水晶が取れることに、また驚かされました。


Crythとアメジスト・ダブルファントム・ゲーサイト・イン・クオーツとは、以前、お店を訪ねた時に、1度対面していたのですが、1ヵ月以上経った、昨日購入しました。その購入動機がまた面白いのです。

本当は、Crythは別の水晶を購入するつもりだったのですが、最近の体調不良のせいか、その水晶とのフィーリングがまったく合致しなかったのです。そのため、買っていいのかどうか悩んでいました。そんな時、お客さんで来店されていた、スピリチュアルカウンセラーの方に、「アメジストを持って雑念を払ってから、決めてみては?」とアドバイスをもらいました。

その時にふいに手に取ったのが、このアメジスト・ダブルファントム・ゲーサイト・インクオーツでした。雑念を払うために手に取った水晶がCrythとの波長にマッチしたのです。

そして、迷わず購入しました。このアメジストは、Crythに調和という強力な力を与えてくれたように思います。ちなみに買うかどうかを迷った水晶ともフィーリングが合ったため、これも合わせて購入しました。

みなさんも、迷ったときには、手にアメジストを持ち、心を落ち着かせて、無になってみてください。きっとアメジストがより良い答えを導いてくれます。
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
クル渓谷産水晶
2006-10-13-Fri  CATEGORY: 水晶たち

クル渓谷産クラスター


みなさん、こんばんわ、野球と水晶が大好きなCrythです(笑)。

今日は、パリーグのプレーオフ最終戦が行われ、1-0のサヨナラ勝ちで日本ハムが優勝しました。最後の試合は、両チームとも一歩も引かないゲームで、これぞ、プロの野球と観ているCrythもどきどきでした。負けたソフトバンクにも来年頑張って欲しいと思います

それにしても、日本ハムは25年ぶりの優勝だったんですね。優勝を待ちわびていた日本ハムの選手や北海道のファンの皆さん、おめでとうございます。今夜は優勝の余韻に浸ってください

ただ、中部の田舎者のCrythとしては、中日ドラゴンズが日本シリーズで優勝してくれることを祈っています。ドラゴンズファンの皆さん、いっしょに応援していきましょう!


と、野球の話はこれくらいにして、今日は、Crythコレクションの最終章です。最終回は、インド・クル渓谷産の水晶を紹介していきます。

クル渓谷産水晶は、ヒマチャル・プラディッシュ州マナリ市クル渓谷で採掘された水晶のことをいいます。クルとは、現地の言葉で、「神々の谷」といわれ、神聖な場所として、現地の人たちに愛されてきました。

ヒマチャルって、聞いて、もう気付いた人もいるかもしれませんが、クル渓谷で採掘された水晶もヒマラヤ水晶といっているのです。

ヒマラヤ水晶は、以前、紹介したガネーシュ(7,422m)、カンチェンジュンガ(8,586m)、ガウリカンシャール(7,135m)、アンナプルナ(8,091m)の山々で採れたもの(いずれもネパール側)が一般的ですが、インド側でも採掘されるのです。インド側の産地として、マナリ、パルバティーと並ぶのが、クル渓谷なのです。クル渓谷の水晶は、標高2,000~2,600と比較的低い位置で採れるのです。

クル渓谷産水晶


Crythの見解では、クル渓谷で採掘されたものは、若干、ピンク色を帯びているように思います。またポイントもやや小さめのものが多く、そのほとんどがポイントが塊になったクラスターの形をしています。

クラスターは、ポイント以上に、それ自体が浄化作用を持っていると信じられています。そのため、ヒーラーが酷使したブレスレッドやネックレスなどをクラスターに乗せれば、クラスターの浄化作用により、エネルギーが回復するといわれています。実際、Crythもブレスレッドをクラスターで浄化しています。クラスターを持っている人は是非、やってみてください。疲れ果てた天然石が回復するかもしれません。

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
ロシア ダルネゴルスク産水晶
2006-10-08-Sun  CATEGORY: 水晶たち
ロシア ダルネゴルスク産グロースインターフェレンス水晶


こんばんわ、Crythです。

今日は、ロシア ダルネゴルスク産水晶について紹介していきます。

ダルネゴルスク鉱床は、ロシアの中でも、日本海近くに位置しています。1872年に中国人によって発見されました。ここには、合わせて8つの鉱山があり、鉛や亜鉛、銀などが採掘されています。現在では、4つの鉱山が閉鎖され、残った4つの鉱山でさまざまな鉱物が採掘されています。

このようにダルネゴルスク鉱床では、採掘される鉱物の種類が多いため、水晶(SIO2)だけではなく、カルサイト(方解石:CaCO3)やアポフィライト(魚眼石:KCa(Si4O10)2(F,OH)・8H2O)などといっしょに生成した水晶が多く発見されています。たとえば、水晶とアポフィライトが混じって生成したようなキャンドルクオーツなども多く採掘されています。

Crythの購入したのは、カルサイトとともに水晶が生成していたのですが、途中で、カルサイトが抜け落ちたため、その痕(侵食痕)が残っています。

ロシアダルネゴルスク産水晶


ロシアダルネゴルスク産水晶2


以前、紹介したベータクオーツもそうですが、本当に個性的な水晶が多いのがダルネゴルスク産水晶なのです。


ページトップへ  トラックバック0 コメント3
乙女水晶
2006-10-07-Sat  CATEGORY: 水晶たち

乙女水晶


みなさん、こんばんわ!

今日の都内は、昨日と打って変わって、爽やかな秋晴れになりました。

みなさんは、この3連休どのように過ごす予定ですか?Crythは寝連休です。時間があれば、是非、blogにも遊びにきてくださいね。

さて、今回も前回に引き続き、Crythの最新コレクションをご紹介します。今日は、山梨県東山梨郡牧丘町にある乙女鉱山で採掘された水晶です。

水晶は、ブラジルや中国産などが有名ですが、日本国内でも産出されています、というよりも、過去に産出されていたといった方が、正しいかもしれません。すでにそのほとんどの鉱山が閉鎖されており、国内での水晶採掘が禁止されているからです。現在、流通している国内産水晶は過去に採掘されたものです。そのため流通量が少なくなってきています。

なかでも、乙女水晶は、透明性が高く、その名のごとくとても女性的な水晶です。Crythが購入したのも、透明で、柱面にパイライト(黄鉄鉱)が散りばめられています。ちょうど結婚指輪をまとった淑女のようです。

乙女水晶1


乙女水晶2


水晶には人間と同じく、一つひとつ、個性があります。みなさんも直感を信じて、コレクションの水晶を見てみてください。水晶からのメッセージを受けることができるかもしれません。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ベータクオーツ
2006-10-05-Thu  CATEGORY: 水晶たち
ベータクオーツ


こんばんわ、Crythです。

今日、日本対ガーナのサッカーが横浜で行われました。
結果は、1対0で日本が負けましたが、日本代表は、なかなか攻撃的なサッカーを見せてくれました。前回のワールドカップよりも選手の動きがよかったように思います。

また言わずと知れた日本代表監督のオシム氏も試合後の記者会見で、選手たちの労をねぎらう言葉を発していました。最近のマスコミ報道とのギャップにちょっとびっくりしましたが・・・。オシム監督は鬼監督で知られますが、なかなか度量のある監督のように感じました。

記者会見を見ていて気がついたのですが、仕事上でもプライベートでも、指導者は、叱るときには叱る、褒めるときには心から褒めることが必要ではないかと思います。

ただ、「出来ない」ことに対して、闇雲に叱っても、仕方がなく、本当に選手や部下たちの成長を願うのであれば、指導する側が指導される側に愛情を持って接しなければならないだと感じました。

Crythも、早速、明日から実践です


さて今日からは、Crythがインターネット販売を通じて入手した水晶を4回シリーズとして紹介していきます。


第1回目の今夜は、ロシア産ベータクオーツです。

ベータクオーツは柱面がなく、トップが六角形をした水晶をいいます。
下図を見れば分かるとは思いますが、六角形のファセットの両端が真ん中を境として、くっついているように見えませんか?これがベータクオーツの特徴です。

ベータクオーツ1


ベータクオーツ2


なぜ、水晶なのに柱面がないのでしょう?これは水晶の生成過程の温度に因ります。通常、柱面をもつ水晶は、水晶の成分であるSIO2が、573℃以下で結晶化されますが、ベータクオーツは573℃~870℃の高温領域で結晶化されます。この水晶の特徴を持つものはロシアのダルネゴルスク地方で産出されたもの以外はほとんど見られません。現在では、この地方の水晶は採掘が進んだため、水晶自体が、激減しているそうです。

またベータクオーツのかたちをよく見てください。何かに似てないですか?ヒントは、お金の計算に関係するものです。

そうです、そろばんのコマですよね。水晶がそろばんの形をしているため、和名をそろばん水晶とも呼んでいます。思うに、このベータクオーツはお金に深い関わりのある水晶と感じます。今後、Crythが宝くじにでも当たれば、積極的に金銭効果を訴えていきたいと思います。楽しみにしていてください。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
黄水晶
2006-10-02-Mon  CATEGORY: 水晶たち
シトリン


こんばんわ、Crythです。

今日の都内は秋雨が降る1日でした、早いものでもう10月なんですね。今年も残すところあと3ヵ月。Crythは、blog更新に頑張っていきますので、応援よろしくお願いしますね。

さて、話は変わりますが、みなさんは凱旋門賞ってご存知ですか?何でも競馬のオリンピックみたいなものらしく、年に1度、フランスのロンシャン競馬場で、世界各地の名馬を集めて競走させるのです。今年の凱旋門賞には、日本の名馬である『ディープインパクト』(武豊騎手)が参戦するのです。さっきインターネットで見たのですが、『ディープインパクト』のオッズは1.1ととても低いようです。今回の凱旋門賞は、日本からのツアー観戦も企画されるくらい白熱し、みんなが『ディープインパクト』の馬券を購入しているため、オッズが低くなっているみたいです。

競馬をやらないCrythには、分からないですが、世界の舞台で日本の名馬がトップでゴールできるように願っています。あと、30分くらいでレースが始まりますので、是非、興味ある方は、テレビ観戦してください。


ここから本題に入りたいと思います。今日は、黄水晶といわれるシトリンについて、解説します。シトリンとは、文字どおり、黄色を帯びた水晶のことです。

シトリン


シトリンは、ブラジルのほか、マダガスカル、ロシア、ヒマラヤなどで発掘されています。

シトリンは、酸化鉄(鉄イオン)が水晶の成分であるSio2に取り込まれることによって、黄色く見えるのです。また現在、宝石類などに使用されるシトリンは、黄色をより濃く見せるために熱をかけて鉄イオンと結合させる方法が採られています。余談ではありますが、シトリンに熱加工する場合、アメジストが用いられるため、紫色と黄色を含んだ水晶を特にアメトリンと呼ばれているのです。

天然のシトリンはそれほど、色が薄いのです。

シトリンは、昔から人間関係を改善したり、人間関係から生じる体調不良を治癒する効果があるといわれています。人間関係に悩んでいる人には、お薦めします。


ページトップへ  トラックバック1 コメント0
<< 2006/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。