FC2ブログ
水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
レコードキーパークオーツ
2006-09-10-Sun  CATEGORY: 水晶たち
レコードキーパークオーツ


みなさん、こんばんわ、Crythです。


今回は、レコードキーパーについて、解説して行こうと思います。

レコードキーパー(Record Keeper)クオーツは、ファセットに凸状の▲印がある水晶をいいます。

以前、紹介したファントムクオーツとは違い、レコードキーパーは水晶内部に▲印があるのではなく、あくまでファセット部分に出るものをいいます。

なぜ、レコードキーパーが出現するのか、正直なところあまり知られていません。水晶のファセット部分は分子構造が不安定なため、風雨などに弱く、凹凸が出やすいとの解説もされますが、なぜ▲印なのかは説明できていないのが実情です。


このレコードキーパーには、古代アトランティス文明の情報が記録されているといわれており、これを通じて、高次元での魂の意義や物事の真理などへの理解を深めてくれる水晶と信じられています。

またレコードキーパーは、この情報を受けるべき時期に、受ける人にしか出現しません。そのため購入時には、レコードキーパーがなかったのに、改めて見てみるとレコードキーパーが見つかったなどというケースもあります。やはり水晶は生きているんですね

もし水晶を持っている方であれば、ファセットに光を当てて確認してみてください。もしレコードキーパーが見つかれば、貴方にはすでにその時期が来ているのです。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント1
1ヵ月
2006-09-10-Sun  CATEGORY: 水晶たち
キークリスタル


こんばんわ、Crythです。今日は、みなさんに大切なお知らせがあります。

当サイト、『★★★天然石★★★』を立ち上げてから、今日、9月9日で1ヵ月を迎えることができました。またこの1ヵ月でカウンターも1,000クリックを超えました。

まだまだ未熟なサイトながら、遊びに来てくれた方、どうもありがとう!
またサイトの立ち上げ時から的確なアドバイスをくれた親友や陰ながら応援してくれている友人にも心から感謝しています。

今後も、更新を頻繁にして、更なる内容の充実化にも努めて行きますので、よろしくお願いします。


さて、本日は、『キークリスタル(Key Crystal)』について、学んで行きたいと思います。


キークリスタルとは、別名をゲートウェイクリスタル(Gateway Crystal)ともいい、ファセットや柱面に他の水晶が侵食してできた侵食痕がある水晶のことです。

キークリスタル1


キークリスタル2


この侵食痕は、通常、水晶の形状である5角形や6角形ではっきり出ていますが、これらの形状でなくても、窪みや凹みがあれば、キークリスタルといっています。

また、この侵食過程で、被侵食水晶(侵食を受ける側の水晶)が侵食水晶をポイント内に包み込んで成長すると、以前、紹介したマニュフェクトクオーツとなるのです。

キークリスタルは、key(鍵穴)を持つ水晶ですから、自分の潜在意識や新たな自己探索のための入り口という意味があります。

この水晶は、自己を見つめることができ、これによって気づかなかった自分自身をも発見できるといわれています。また同時に魂の解放という重要な意味もあります。

未だ、見ぬ自分の本当の姿、また魂の解放をこのキークリスタルで実現してみては、いかがでしょうか?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.