水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
中毒患者です!
2008-06-30-Mon  CATEGORY: オパール

オパールに魅せられたCrythです。


今回は、最後のオパール特集となりました。


opal 7



opal 8



このオパールも自信作です(Crythの作ではありませんが)


乳白色の石から突如あらわれる永遠の輝き・・・


人生も磨けば磨くほど、素晴らしい色が出てくるのかもしれません。


オパールはそんな希望を与えてくれる鉱石のひとつです。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
世界に一つだけの・・・
2008-06-29-Sun  CATEGORY: オパール

今日、半年振りにSena Cosさんにお伺いしました。


前回、伺った時に比べて、めっきり商品が入れ替わっていました。


しかし、


中でも、


ひと際、


異彩を放っている宝石を見つけました。


なんでも、採掘された土地のコレクターが収集していたものとのこと。


一般的には、鉱山で採掘された鉱石は、まず地元の卸業者が採掘業者から買取ります。


さらに、地元の卸業者が、コレクターに優先して販売し、それ以外のものを二次の卸業者や輸出業者に販売するのです。


そのため、川上(採掘業者に近い地位)を辿るほど、いい鉱石を持っているのです。


このオパールは、Senaさん(←オーナーさんです)のご主人の故郷であるオーストラリア人コレクターが収集したもの。


opal 3



opal 4



本当に、質の高いオパールでビックリし、


その価格も、安くて、2度ビックリさせられました。


何せ、コレクターさんが手放したものをすべて購入し、仕入れてきたとのことで、高くても8千円程度で販売していました(Senaさん、太っ腹です ^_^:)


オーストラリア産オパールは、大きく分けて、以下の3つの州で採掘されます。


① ニューサウスウールズ州ライトニングリッジ(Lightning Ridge)
  ブラックオパールの産地として有名

② サウスオーストラリア州クーパーぺディー(Coober Pedy)

③ クイーンズランド州の各鉱山


今回購入したのは、②のクーバーベディー産のオパールです。


オパールの輝きはとても素晴らしいものです。


これは、オパールの遊色効果によって、その独特な色彩を放つのです。


オパール内部にある微粒子(珪酸)の大きさが要因となるのです。


珪酸微粒子が0.2μm前後の場合に青、0.25μm前後は緑、0.32μm前後は赤色を形成します。


特に赤い色を含むオパールをファイアーオパールと言われます。


今回、Crythは、ファイアーオパールを主体に購入してきましたが、Sena Cosさんには、まだまださまざまな種類のがあるようです。


オパール好きには、本当にお薦めです。


ページトップへ  トラックバック1 コメント0
名古屋で・・・
2008-01-13-Sun  CATEGORY: オパール

買っちゃいました


出張の最終日、名古屋駅近くで買いました。

ずっと欲しかったオパール、なかでもマグマのようなファイアーオパール。


opal 1


opal 2


オパールの産地としては、オーストラリアやメキシコ産が最も有名ですが、ブラジル、アメリカ、チェコ、エチオピアなどがあります。

今回、購入したファイアーオパールは、1993年に初めて発掘されたエチオピア産です。


オパールには、コモン・オパール(Comon Opal)とプレシャス・オパール(Precious Opal)との2種類があります。

コモン・オパールとは、見る角度によって様々な色が出る遊色効果があるものをいい、プレシャス・オパールは不透明で遊色しないものです。

オパールの効果は、ネガティブな考えを克服し、災いなどを乗り越えさせてくれるといわれます。

特に呪術などによりかけられた呪いを発信者に戻す効果があるともいわれています。

なお、恋愛に関しては、一度、別れた恋人を取り戻したり、不倫関係にある恋人と結ばれるといわれます。 


また芸術を求める職業の人にもお薦めです。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
オパール
2007-08-05-Sun  CATEGORY: オパール



暑い、暑い、暑い~!。

昼過ぎから部屋を掃除していたせいか、1時間30分あまりで汗びっしょり。しかし久々に隅から隅まで掃除機をかけたため、とても綺麗になりました。

我が家のミッキー君も嬉しそうじゃありませんか?

mikky


すでにシャワーも浴びて、心身ともにサッパリになったところで、これから近くのカフェに行くつもりです。が、その前に、天然石を1つ紹介したいと思います。


今回紹介するのは、オパールですが、以前紹介したオパールとはちょっと異なります。

ammonaite opal1


ammonaite opal2


というのもアンモナイトの化石がオパール化したもので特に希少性が高いのです。なかでも化石の姿がしっかりと残っていて、かつオパール化したものはなかなか現れません。

これの標本価値は、化石の姿と色との2つの評価基準があり、化石が傷ついていたり、色がしっかり出ていなかったりするとその価値も下がり、逆にどちらもしっかりと出ていれば、かなりの高値で取引されます。Crythコレクションは中生代白亜紀のアンモナイト化石でマダガスカル産と表記してあります。

化石がオパール化する時には、見る方向により七色に発色するプレシャスオパールが一般的です。インターネットでオパール化したアンモナイトが購入できるのは、デュエルジャパンさんです。http://www.dueljapan.com/item/ammonite.php デュエルジャパンさんのアンモナイトオパールはかたちが良くて大変お薦めです。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。