水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
石好き?人好き?
2007-11-25-Sun  CATEGORY: アイスクリスタル(Ice Crystal )


Ice Crystal Part 2


最近、プライベートで交流している人たちに大変、感謝しています。

大抵は、天然石つながりなのですが、同じ趣味を持っている人たちと話していると、考えも共感でき、時間もすぐ過ぎてしまう。

また、彼等は、仕事上の付き合いとはちょっと違った『心の同一化』を感じることができます。最近は、ちょっと甘えて仕事でボロボロになった心身を癒してもらっています。今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m。


さて、前回に引き続き、『Ice Crystal Part 2』をお送りします。

今回紹介するのは、Ice Crystalの中でも、ファセット部分にトライゴーニックが出現しているものです。

ice crystal 6



ice crystal 5



トライゴーニックについては、このblogでも、しばしば紹介していますが、覚えていますか?

トライゴーニックとは、水晶に逆三角形(▼)の模様があるものをいうのです。何故、水晶にトライゴーニックが出来るのかは、様々な説が唱えられていますが、現在では、HF(フッ化水素:ガスの一種)を原因とする説が有力のようです。

フッ化水素は無色の気体で、人体には大変危険な物質です。皮膚を通過すると骨(カルシウム)と反応して、骨を溶かす作用があります。

これが水晶(SiO2)と反応することで、

SiO2 + 4HF = SiF4 + 2H2O

SiF4(四フッ化ケイ素)と水になります。SiF4が残った水晶は、アイスクリスタルのような歪な形となっていることが多いのです。

トライゴーニックは、肉体的な意識と精神を超越した高次元での意識(輪廻転生では、人生は何度かの精神的訓練を積む中の1回に過ぎないとする概念)がリンクする時に現れるものと信じられています。肉体的には生きながらも、高次元での意識が終わるまでの「シャーマンの旅」の入口に私達を導くものとされています。

これは与えられるべくして与えられた者にしか入手することができない石なのです。

また、最近では、鉱物的にもその希少性が理解されてきたため、現在でも入手するのが最も困難な石の一つともなっています。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
疲れちゃったぁ
2007-11-17-Sat  CATEGORY: アイスクリスタル(Ice Crystal )


( ★ _ ★ )


今日の関東は、最高気温が12℃と肌寒い1日でした。


そんな中、13時から、友人3人でウォーキングに行ってきました。

友人2人のダイエットとCrythのデトックスを兼ねたものでした。


13時に小田急の登戸駅を出発して、18時30分にJR川崎駅に着きました。多摩川沿いの土手を歩き、移動距離は実に約20km。

45分程度、食事を摂った以外は、ずっとウォーキングやジョギング、時にはランニングと、とてもハードな1日でした。

しかし、目標の川崎駅に到着したときは、とても大きな達成感がありました。


明日は、筋肉痛に悩まされそうです(:_:)。


さて、今日は、アイスクリスタルを紹介します。

ice crystal 1


ice crystal 4


アイスクリスタルは、2006年6月に発見された新種の水晶です。特徴としては、曇りガラスに淡いピンク色を配しており、トライゴーニックが数多く出る水晶としても知られています。

この水晶は、インド北部のクル渓谷から、さらに北西に行ったヒマチャルプラディッシュ州にある標高6千m級の氷河地帯で発見されました。地球温暖化により、氷河が溶けたところから発見されたそうです。

新しい鉱物が見つかるのは嬉しいのですが、環境が破壊されているのを間近に感じさせられるのは、複雑な思いです。

アイスクリスタルの表面には、シーメンと呼ばれる凸凹が無数にあり、一見、手触りが悪そうです。しかし、実際、手に取ってみると、なぜかそれを感じさせない不思議な水晶です。

その表面の凹凸は、長い年月、過酷な環境に置かれることで起きる一種の風化という説も有力で、アイスクリスタルは、蝕像水晶(GROWTH INTEREFERENCE QUARTZ)の1つとしても位置づけられているようです。

また、この水晶は、ヒーリングの力が強いことでも知られているため、世界のヒーラーのアイテムとなっています。

そのため、サンスクリット語で『悟り』を意味するニルヴァーナクォーツ『涅槃水晶』とも呼ばれています。

最近では、人気も急上昇しているため、数が少なくなりつつあり、また高額化する傾向にあります。

ページトップへ  トラックバック1 コメント0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。