水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年最期の・・・
2007-12-15-Sat  CATEGORY: トライゴーニック


行って参りました


今年、最期の東京ミネラルショーが2007年12月14日(金)~17日(月)の4日間、池袋のサンシャインシティで開催されています。


Crythも午後から東京ミネラルショーに行ってきました。


毎回のことですが、世界各地から、様々な鉱物や化石が集まっていました。


前回に引き続き、いつもお世話になっている業者の方からトライゴーニック水晶を購入してきました。


今回のトライゴーニックは、一見、スモーキークオーツ(煙水晶)のようですが、全く違う水晶でした。


業者の方いわく、世界には、日本の区分では分けられないような様々な水晶のカテゴリーが存在しているのだと聞かされました。


今回、購入した水晶は、そんな中の一つである『Melt Qartz(融解水晶)』と呼ばれるものだったのです。ちなみに色こそ違えども、これに良く似たものがヒマラヤのアイスクリスタルです。


本日、我が家に来たトライゴーニックもファセット部分に▼が無数に存在しています。


Trigonic 2
Trigonic 1



このトライゴーニック一つ取っても、数億年の歳月をかけて現在の姿になっていることを思うと感動します。地球も捨てたものじゃありませんね。


まだまだ、地球上には人間には発見されていない様々な鉱物があるはずです。


これらの鉱物たちが、いつの日か発見され、私達と逢えるまで、もっともっと地球の環境対策を行っていかなければならないことを実感させられる一日でした。


P.S.
東京ミネラルショーは、12月17日まで連日開催されていますので、興味のある方は是非行ってみてください。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
トライゴーニック
2007-07-08-Sun  CATEGORY: トライゴーニック

トライゴーニック


連休中に病気を治すと意気込んでいたのですが、結局、風邪も治らないままBlogを更新しています。

そんなCrythでしたが、今朝、鳥のさえずりで起こされました。窓を開けると電線にツバメが1羽留まっていました。今年に孵化したツバメの子供でした。

swallow


たまたまCrythのマンションの横隣りにあるお店の軒下にツバメの巣があり、3~4年前から毎年、この季節になっては、日本に帰ってきていました。今年も子孫を残すために、4月下旬ごろから、姿を見せていました。つい最近まで卵を温めていたかと思いきや、すでに孵っていたんですね。

来年も、また元気な姿を見せてもらいたいものです。


さて、今日は、トライゴーニックの続編です。

トライゴーニック4


トライゴーニックは、神秘的で謎が多い水晶です。というのも、数千年も前から形成されていたにも関わらず、見つけられたのはつい最近のことなのです。ずっと見つけられなかった理由が分かりません。

また、科学的には、水晶が浸食されて▼形が形成されると言われています。

しかし浸食されているのであれば、ファセットだけではなく、トップや柱面などに凸凹が現れるはずですが、それも見当たりません。

また、ファセットにある▼の数や形を見れば見るほど、きれいで、そして精度が高いものが多いのです。

イースター島のモアイ像は誰が作ったのか?、ナスカの地上絵は誰によって書かれたのか?などの疑問と同じく、何故トライゴーニックが出来たのか?、それとも偶然の一致か?今後も深まる謎を解いていきたいと考えています。


ページトップへ  トラックバック1 コメント3
トライゴーニッククオーツ
2007-06-04-Mon  CATEGORY: トライゴーニック

トライゴーニッククオーツ


いや~、今日は暑い1日でした。

朝夕の温度調整が上手く行かず、少々、体調不良のCrythです(:_:)。


でも、今日、紹介しないわけにはいかない珍しい水晶を入手しましたので紹介します。

もちろん、東京国際ミネラルショーで入手したものです。それが、このトライゴーニッククオーツです。

トライゴーニック2


トライ



トライゴーニッククオーツは、以前にも紹介していたのですが、今回紹介するものは、ため息が出るくらいの珍品です。

この水晶との出逢いは、本当に偶然でした。

ミネラルショー2日目、昼過ぎから夕方まで粘って、欲しかった天然石もやっと手に入れ、財布の中も心細くなったため、帰ろうとしていたときのことです。

とあるブースに50万円のトライゴーニッククオーツが置いてありました。そのファセットを見ると、一面に所狭しと▼のトライゴーニックが敷き詰められていました。

それを見たCrythは思わず、「ぎょえぇ~」

と叫んだのですが、店員さんは得意げに「凄いでしょ!」と微笑みかけてくれました。

Crythがトライゴーニッククオーツの大ファンとのことを伝えると、ひそひそと奥から2つの箱を持ってきてくれました。

それは全て、トライゴーニッククオーツでした。2箱合わせて20個くらいの商品だったのですが、これほどまでに数の揃っているトライゴーニックを扱っている業者さんは見たことがありませんでした。

よくよく、聞いてみると、その業者の方は、ブラジルで鉱山を所有し、そこで産出されるものや現地の知り合いの採掘業者さんに譲ってもらっていたそうです(鉱山を所有していることにもビックリでしたが…)。

その説明の最中にも、うわの空(?)だったのか、必死になり、1個1個手に取って見ていました。

そして「でぇたぁ~!」、宝くじで1等が当たったときの喜びでした(当たったためしがありませんが…)。

1個の水晶の全てのファセットに敷き詰められたトライゴーニック、しかもレインボー入り、迷わず即決!しかもしぶとく値切り、定価から2千円安くしてくれました。

業者さん、ごめんなさい m(_ _*)m。

ミネラルショーでは、各業者さんは、奥の手として、ビックリするものを持っていることがあります。

また駄目もとで価格交渉してみるのもお忘れなく!。日本語ができない業者さんにも、不思議と通じるものです。

なお、業者さんも電卓を叩きながら、「OK?、OK?」と問いかけてきます。みなさんも是非、遠慮せずに自分の欲しいものを尋ねて、価格交渉の醍醐味を味わってください。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。