水晶の研究を通して、天然石の魅力を皆さんにお届けしたいと考えてます。 水晶を活用したヒーリングなどの方法も紹介していきたいと考えています。
★★★Crythの天然石講座★★★
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
十字軍!?
2007-08-25-Sat  CATEGORY: キャストライト


キャストライト


眠い目をこすりながら、Blogを更新しています。

昨晩から今朝にかけて、ある映画のDVDを見てて、睡眠時間がなんと3時間!?日中は動き回っていたこともあり、陥落寸前です。

途中、落ちることもあるかも知れませんが悪しからず…、な~んて冗談です


今朝方まで観ていた映画は、『PIRATES OF CARIBBEAN ~DEAD MAN`S CHEST~』http://www.disney.co.jp/pirates/main/です。そう、言わずと知れたあのパイレーツ・オブ・カリビアンの2作目です。

1作目の「PIRATES OF CARIBBEAN ~THE CURSE OF THE BLACK PEARL~(呪われた海賊たち)」http://www.disney.co.jp/pirates/dvd/は、映画館で観たのですが、2部作のデットマンズ・チェストは、ちょうど仕事が忙しい時期と重なってしまい、ずっと観れないでいました。しかし、3部作の「PIRATES OF CARIBBEAN ~WORLD END~」http://www.disney.co.jp/pirates/の上映がそろそろ終盤を迎えることから、2部作を観た上で、3部作のワールド・エンドを観に行こうと考えていたためです。

余談ですが、この「彼こそが海賊http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=120826」が最も気に入っているものです。興味があれば、視聴は無料ですので、是非、聞いてみてください(ちなみにYAMAHAのオンラインサイトです)。

正直いってCrythは映画館で映画を観るのは好きではありませんが、この作品だけは、音響設備が整った映画館で観たいものです。その迫力がたまりませんよ。


さて今日は、1部作の「呪われた海賊たち」ではありませんが、呪いを祓う石として知られるキャストライトを紹介します。

chiastolite2


キャストライトは、アンダリュサイト(紅柱石)の表面に十字架が現れた石のことで、別名を「空晶石」ともいわれます。この表面に現れた十字模様は、炭素(CO2)がインクルージョンされたものともいわれています。それらが縦横に1本ずつ入っているものを特に「キャストライト」と呼んでいます。

以前にも書きましたが、この石は、持つ者を災いから守ってくれる作用があるといわれており、特に中世ヨーロッパの兵士たちが、身を守るものとしてBIBLE(聖書)の代わりとして戦場へもって行ったと聞いています。

特にCrythの母親が、カトリック教徒でもあったため、先日の連休で上京したときにプレゼントとして1個進呈しました。

もちろん、この石はキリスト教徒以外の人でも、強い守護力を発揮するといわれるため、Crythのような特定宗教を持っていない人でも有効です。

また、Crythがいつもお世話になっている天然石の店 SenaCosさんにも在庫があると聞いていますので、自分のお守りとして持つ場合や大切な人へのプレゼントとしても最適です。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
キャストライト
2007-07-15-Sun  CATEGORY: キャストライト

キャストライト


連休なか日は、部屋で映画三昧!。

Crythの休日の過ごし方として、DVDを買ってきては、繰り返して観ることが多いのですが、今日も「THE DAVINCI CODE(ダヴィンチ・コード)」を観て楽しんでいました。

ダヴィンチ・コードは、何度も観てますが、全てのストーリーを理解するにはもうしばらくかかりそうです(それだけ内容の濃い映画です)。

今後も暇を見つけて観続けていこうと思います。


さて、今日はこの映画を観ていたら、キャストライトが頭に浮かんだため、blogで紹介しようと思います。しかし、キャストライトは以前にも紹介してましたね(^_^:)。

キャストライトは、別名をクロスストーンといい、鉱物の表面に十字の模様が出ているものです。

chiastolite1


この石は、守護石としての効果があるといわれています。前回も書きましたが、中世のヨーロッパの戦士がお守りとして身に着けていたそうです。ひょっとしたら、ダヴィンチ・コードの中に出てくるテンプル騎士団もキャストライトを携えていたのでしょうか?

現代にある鉱物を見ながら、古代のロマンに想いを馳せる、なんてかっこいいんだろうと自画自賛のCrythでした



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ★★★Crythの天然石講座★★★. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。